5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

遺体の処理

128 :M7.74:2005/08/30(火) 19:14:02 ID:UJId6aBr
確かに、遺体の腹部は膨張します。我々の中では、膨満期と
呼んでいる区分に起きる現象で、死んだ直後から始まる腐敗過程で
発生するガスが腹部に溜まり、遺体の腹部が風船のように膨らんで
しまうのです。

しかし、>>106さんのおっしゃるように、破裂するというのは稀です。
腐敗した皮膚が破れて萎んでいくというのが大多数です。

この腹部の膨張は、腸内に生息している細菌によって起こりますが、
これら腸内に生息している細菌の多くは嫌気性で、腸内にいる分には、
あまり害はありません。しかし、これらが腸内以外に入り込むと酷い病気を
起こす原因になったりします。その代表的なものが大腸菌で、毒素原性大腸菌、
組織侵入性大腸菌、病原血清型大腸菌等の病原性大腸菌は危険なので
腐乱した遺体に近づいたり、触ったりはしないほうが良いでしょう。
また、災害時になくなられた方でも、なんらかの病気に感染している可能性も
あるので、やはり近づいたり、触ったりすることは避けましょう。

ただし、先ほども述べた通り、多くの細菌は嫌気性細菌なので、
遺体から発生したガスを吸い込んでしまったからといって、すぐに
病気になるようなことは、あまり無いと思われます。(長時間、遺体の
近くでガスを吸い込むことは避けたほうが良いです。)

また、遺体の消毒についてですが、石灰では栄養型細菌に対しての
有効性が期待できないので、消毒用エタノールや家庭用漂白剤、逆性石鹸液
(塩化ベンザルコニウム液)等が良いのではないでしょうか。
液体であれば浸透もしますし、揮発性も高いので遺体から発生する臭いを
減らす効果も期待できます。
家庭用漂白剤であれば、どの家庭にもあるので災害時であっても
入手も簡単だと思います。





119 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)